ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの
方針

当社は、株主の皆様をはじめ、お客様、従業員、お取引先、地域社会等、さまざまなステークホルダーとの良好な関係の維持し、社会から信頼される企業となるため、経営の効率性、健全性および透明性を高めることが重要な経営課題であると考えています。
法令遵守並びに企業倫理の重要性を認識し、中長期的な企業価値向上を図るための公正で透明性の高いコーポレート・ガバナンス体制を目指します。

コーポレート・ガバナンス体制

内部通報制度

当社グループは、公益通報者保護法に則り、「グループ内部通報規程」を制定しています。内部監査室に内部通報窓口を設置し、不正行為を早期に発見・検査して是正する体制を整えるとともに、内部通報をしたことを理由として、通報者に対していかなる不利益な取扱いを行わないよう徹底しています。

平和と公正をすべての人に

リスクマネジメント

企業価値の保全を目的として「グループリスク管理基本方針」を制定しており、潜在的リスクの顕在化を防止するとともに、顕在化したリスクに対して適切に対応し、企業活動の持続的発展を脅かすリスクに対処します。また、リスク管理体制の実践的運用を行うことを目的として「グループリスク管理委員会」を定期的に開催しています。

働きがいも経済成長も

内部監査及び監査役監査の状況

当社の内部監査及び監査役監査の状況としては、監査部が内部監査規程に基づき、当社の各部署及び店舗の業務が法令、定款及び社内規程に従い、適正かつ有効に運営されているかを監視しております。各監査役は、必要に応じて会計監査人に諮問する等、平時より会計監査人と連携を密にすることにより、監査役監査及び会計監査の相互連携を図っており、具体的には、監査役監査では監査役会で作成した監査方針・監査計画に基づき、取締役会の他必要に応じた会議等への出席、取締役・執行役員からの職務の執行状況の聴取、重要な書類・稟議書の閲覧等により、取締役・執行役員及び各部門の業務遂行状況の監査を実施しております。当社は、以上の各監査の結果に基づいて適正な指導を行い、業務に関する不正の防止及び早期発見など、業務の適正な遂行に努めております。

平和と公正をすべての人に